NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/13

海を渡る祭礼 Umi-wo-wataru-reisai Sea Crossing Festival

Jp En


 海を渡る祭礼は、宮崎市青島の青島神社で七月の最終土・日曜日に行われる。青島は、周囲約1.5kmの小さな島。
 御祭神(彦火火出見命、豊玉姫命、塩筒大神)の御霊を3つの御輿に乗せて海積宮にお連れするお祭り。。
 氏子のうち、22、23歳の成人男性たちが2日間に渡り、激しく御輿を揺らしたり、担ぎ手とぶつかり合う、暴れと休憩をおこなう。初日15箇所に立ち寄った後、御座船と呼ばれる舟に乗り、青島の海上を1周し、天満宮(天神様)へ入る。
 二日目は11箇所に立寄り、暴れと休憩を繰り返し、青島神社へと御霊が戻り、お祭りは終了を迎える。
 海を渡る祭礼は、起源の判らないほど古くから伝わる祭りである。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
宮崎県宮崎市青島
名前
海を渡る祭礼




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter