NIPPON Kichi - 日本吉

2008/10/2

まま子滝 Mamako-taki 

Jp


 宮崎県小林市須木下田にある落差41メートルの滝。「まま子滝」は別名で「須木の滝」が一般名である。岩肌と生い茂る木の間から、幾つもの滝道をつけ、水が流れ落ちている。
 この滝には悲しい伝説がある。
 「まま子」とは「継子」つまり実子でない子供を言う。昔、3人の女の子を持つ仲のよい夫婦がいた。妻は突然の病に倒れ、この世を去ってしまう。夫は子供のためを思い再婚したが、「継母」は「まま子」をよく思わず、いじめるようになった。
 ある日、継母とまま子は滝のそばで一服をする。継母がまま子に「しらみを取ってやろう」といい、まま子は何の疑いもなく従った。継母はまま子を滝に突き落とそうと考えた。そして、まま子を突き落としてしまったのだが、まま子は無邪気に継母の帯と自分の帯を結んで遊んでいたため、まま子とともに継母も滝に落ちてしまった、というお話である。
 まま子の供養のため、滝の近くには2体の観音像が祀られている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
886-0112 宮崎県小林市須木下田
名前
まま子滝
電話
0984-48-3111


keywords :


NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter