NIPPON Kichi - 日本吉

2008/9/8

子供歌舞伎 Kodomo-Kabuki 

Jp


 子供歌舞伎は、福井県三方郡美浜町早瀬にて行われる地方芸能である。
 安政三(1856)年、早瀬地区内に悪病(コレラ)が流行し、多くの村人が病にかかり、死亡者も数多く出た。そこで、宝光山瑞林寺の和尚の提案で、芸能として子供歌舞伎を演じて奉納したところ、病が鎮められたという。
 以来、毎年5月5日のこどもの日に、日吉神社ほか早瀬地区一帯で子供歌舞伎を行う風習が生まれたとされる。
 参道に据えられた山車の舞台で早瀬地区の小学4~5年生の男子が化粧して、色あでやかな衣裳をまとい、三味線や鼓に合わせて寿式三番叟を舞う。子供達が懸命に踊る姿がなんとも無邪気でほほえましい。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
919-1124 福井県三方郡美浜町早瀬
名前
子供歌舞伎




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter