NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/2

愛国駅・幸福駅 Aikoku-eki Koufuku-eki 

Jp


 北海道帯広市。そこには旧国鉄時代、広尾線が走っていた。
 1987年に廃止が決まった今はなきその路線に、愛国駅(あいこくえき)と幸福駅(こうふくえき)という二つの駅があった。
 昭和48年、それまで年間の切符販売数が、一桁という時もあったその路線に一大転機が訪れる。
 その年、ドキュメンタリー番組が放送され、この二つの駅が取り上げられると、名前の縁起のよさや北海道中央南部がもつ旅情などが相まって、多い時で年間1300万枚も売れるという一大ブームが訪れることとなる。
 廃線となって以降も駅舎は残され、公園として整備、切符の販売も続けられている。
 今も昔も、幸福を求めるのはいつの時代でも同じこと。
 この愛の国からの幸せを持っていれば、もしかしたら本物の幸福にめぐり合えるかもしれない。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
080-8670 北海道帯広市西5条南7丁目1番地




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter