NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/25

ヒサゴ沼 Hisago-numa Hisago Pond

Jp En


 北海道の中央にそびえる大雪山系の南に位置するトムラウシ山。その山から3kmほど下った場所にヒサゴ沼がある。
 満面に水を湛えたその沼の近くには化雲岳(かうんだけ)があり、両方からの登山者たちの憩いの場ともなっている。沼の名前になっているヒサゴとは、ひょうたんの意味だが、沼の形がその様に見えなくもない。
 アイヌ語で「花の多いところ」という意味を持つといわれるトムラウシの近くにあるため、このヒサゴ沼周辺も高山植物の宝庫となっており、シーズンになれば、沼周辺には様々な色の植物が咲き乱れる。
 沼のイメージからはかけ離れた水の青さと相まって、少し高台から見下ろせば、そこには絶景が広がっている。
 神々の山の息吹に触れ、この沼で休憩を取る。今まで巡ってきた山には霞がかかり、その澄んだ空気をまとった鏡のような水面と、その周辺を彩る無数の植物。そんな景色を見れば、例え耳元でひょうたんからこまが出るといわれても、目移りしそうにない。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
081-0001 北海道上川郡新得町
名前
ヒサゴ沼




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter