NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/7

牛突き Ushitsuki Bullfighting in Shimane

Jp En


 七八〇年という日本最古の歴史を持つ隠岐の牛突き。1221年の承久の乱の際に隠岐へ流された後鳥羽上皇を慰める為に行われたことが起源とされる。
 かつては島根県・島根半島全域で行われていた牛突きも、今では一部で残っているのみ。8月15日に行われる夏の本場所では、引き分けなしの一本勝負ということもあり、島民の夏場所に賭ける思いは計り知れない。どちらかの牛が逃出すまで、時には一時間近くも勝負が続く。決着後の明暗ははっきりしており、勝った牛のまわりでは男衆たちが牛の背に乗ったり歓喜の声で叫ぶ中、敗者は静かに土俵を去る。
 牛突きは神への奉納として、今もこの島に根付いている。この伝統を守るべく隠岐の若者達は後継者会を発足させ、子供達を小学校3、4年の頃から修行させている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
685-8585島根県隠岐郡隠岐の島町城北町1番地
名前
全国闘牛サミット協議会
電話
08512-2-8575
HP
http://fish.miracle.ne.jp/mou-mou/index




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter