NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/14

旧金森洋物店 Kyuu-kanemori-youbutsu-ten 

Jp


 旧金森洋物店は、北海道函館市にある建造物。
 函館は、明治から昭和に渡り、度々大火に見舞われてきた。明治十一(1878)年、十二(1879)年の大火では殆どの市街区域を失った。そこで、開拓史が不燃質家屋の奨励に乗り出したということだ。
 この旧金森洋物店もそのひとつで、明治十三(1880)年に初代渡辺熊四郎が開拓史の茂辺地煉瓦石製造所の煉瓦を使用した不燃質店舗として開店させた。当時の金森洋物店は、舶来製の小間物、雑貨などを販売。明治四〇(1907)年の大火でも、周辺の不燃質家屋が焼失する中、金森洋品店のみが難を逃れたということだ。
 開口部は正面と裏側の出入り口、2階部分の窓だけで、側面には開口部がなく、耐火を意識した造りとなっている。
 大正十四(1925)年まで店舗として使用された後、昭和四四年から「市立函館博物館郷土資料館」としてオープン。「明治の函館のハイカラ商い風景」をテーマに、古いオルゴールなどを公開・展示している。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
040-0000 函館市末広町19-15
電話
0138-23-3095




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter