NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/17

武利岳 Mrii-dake 

Jp


 北大雪の石狩山地の一つである武利岳(むりいだけ)は、かつてアイヌ語で男山を意味するピンネシリと呼ばれていた秀峰である。8合目から山頂にかけて、ゴツゴツした岩肌が姿を現す起伏に富んだ尾根が続く山である。
 標高1876mの山頂からは、大雪連峰などの山々を一望する事ができ、眼下には雲海が流れる神秘的な景色が広がっている。また、天候の良い日にはオホーツク海が望めるのも魅力の一つである。
 7合目付近では、7月にヒメイソツツジやチシマキンバイソウ、7月から8月はチシマギキョウやエゾツツジなどの小さく可憐な高山植物が一面に咲き乱れ、美しい景色を楽しませてくれる。
 見晴しの良いことで有名な武利岳は、踏破しようという登山愛好者が途切れることなく訪れ賑わっているのが特徴だ。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
099-0213 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利
名前
武利岳




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter