NIPPON Kichi - 日本吉

2007/8/16

片貝まつり Katakai-matsuri Katakai Festival

Jp En


 片貝まつり(かたかいまつり)は、新潟県小千谷市片貝町にある浅原神社の秋の例大祭であり、毎年の九月九日と十日の二日間にわたって行われる、四百年の伝統を持つ祭りだ。
 特に期間中に打ち上げられる各種花火が有名で、浅原神社への奉納を意味して打ち上げられている。
 片貝町は、打ち上げ花火の中でもその迫力で有名な三尺玉発祥の地として知られており、まつりの期間中にいくつもの三尺玉が打ち上げられる。また、三尺玉よりも更に大きい四尺玉の打ち上げにも成功し、ギネスブックにも掲載されるなど、名実共に世界一の打ち上げ花火が見られるまつりだ。
 まつりでは、浅原神社へ花火の玉を奉納する「玉送り」や打ち上げの成功と無事を祈る「筒引き」、町内をにぎやかに練り歩く奉納煙火の儀式などが盛大に行われ、夜になると、二日間にわたって延べ15,000発もの花火が打ち上げられ、片貝の夜空を彩る。
 夜空に咲き乱れる大輪の花々は、世界一の花火を作り続ける片貝の人々の誇りでもある。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
947-0101 新潟県小千谷市片貝町
名前
浅原神社




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter