NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/24

大塩天満宮 秋季例大祭 Ooshio-tenmanguu Syuuki-reitaisai The Autumn Festival at Oshio Tenmangu Shrine

Jp En


 兵庫県姫路市・大塩天満宮(おおしおてんまんぐう)の秋季例大祭は、「大塩の毛獅子舞(けじしまい)」として知られており、大塩天満宮の氏子6地区により6頭の毛獅子がそれぞれに異なった勇壮な獅子舞を披露する。毎年10月14、15日に行われる、鎌倉時代以来の伝統ある神事である。
 宵宮の14日、昼間の屋台練りに続き、夜には各地区の特色を持つ毛獅子が鳥居の前に集合。数人で1頭の獅子を演じ、跳ね、舞う妙技に見物客から歓声が上がる。
 翌日の本宮では、クライマックスとなる道中舞が披露される。鳥居前に全身を黒と茶の熊毛に覆われた8頭の毛獅子が集い、大太鼓と笛、囃子の音色に合わせて鳥居から拝殿まで練り歩く。舞子たちが獅子頭を高々と差し上げ、野趣あふれる舞を見せるという。
 毛獅子舞は、力強く華麗な舞。宙高く舞う姿は圧巻である。この伝統ある神事は、県重要無形民俗文化財にも指定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
672-8061 兵庫県姫路市飾磨区天神
名前
大塩天満宮 秋季例大祭




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter