NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/24

尾道ベッチャー祭り Omichi-Beccha-matsuri Betcha Festival in Onomichi

Jp En


 尾道ベッチャー祭りは、広島県尾道市で毎年十一月一日から三日まで行われる奇祭である。
 その始まりは江戸時代に流行した疫病の厄除けにあり、「ベタ」「ソバ」「ショーキー」と呼ばれる鬼の面をつけた若者たちとその先払いとしての獅子が町内を練り歩いて厄病を追い払ったものが、後に祭りとして行われるようになったとされている。
 神輿や獅子と共に市内を練り歩き、子供たちを見かけると追いかけまわして、ショーキーは手に持ったササラ竹で頭を叩き、ベタやソバは祝い棒で体を突く。
 そうすることで、一年間の無病息災が得られるといわれ、小さな子供を抱いた親などは、怖がる子供を無理やり鬼の近くへと連れ出す光景も見られる。
 また、ショーキーのササラ竹で叩かれると頭が良くなり、ソバとベタの祝い棒で突かれると子宝に恵まれるともいわれ、子供だけでなく、大人達もこぞって鬼を取り囲む。
 ありがたいご利益はあるが、子供達にはちょっと大変な三日間だ。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
722-0033 広島県尾道市東土堂町9-16
名前
尾道ベッチャー祭り




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter