NIPPON Kichi - 日本吉

2007/9/4

琉球陶器 Ryuukyuu-touki Ryukyu Pottery

Jp En


 琉球陶器(りゅうきゅうとうき)は、沖縄県の壺屋地区に古くから伝わる伝統工芸である。
 その興りは十五世紀ごろ、東南アジアとの貿易によって、南方系の陶工技術が当時の琉球王国に伝来したことで始まるとされる。
 十七世紀前半に朝鮮や中国から陶工を招聘して技術を吸収すると共に、琉球王国を統治していた薩摩藩から持たされた技法との融合も行われ、独自の陶芸技術として発展させてきた。
 その後の発展と共に琉球王国の各地に窯ができたが、技術の集約や振興を図り、十七世紀後半に尚貞王が現在の壺屋地区周辺に統合させ、以降は同地を中心に生産が行われ、今に至っている。
 陶土や釉薬に地元の素材を用い、その器の形や装飾技法が南国特有のおおらかで明るい美しさを持つことが特徴として上げられる。
 窯では大別して、大物容器を主とする無釉の荒焼と、日用雑器類を中心とする施釉の上焼の二つが生産されている。
 その素朴で明るい趣の器は、南国の空気を持つものに運んでくれる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
902-0065 沖縄県那覇市壺屋
名前
琉球陶器




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter