NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/26

鹿島御児神社 Kashima-miko-jinja 

Jp


 鹿島御児神社(かしまみこじんじゃ)は、宮城県石巻市の日和山頂上に鎮座する古刹。創建年代は定かではないが、「延喜式」所載の式内社で現存する寺社の中で最も由緒深い神社だという。
 言い伝えによると、その昔関東の鹿島、香取の両神宮の御子、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、鹿島天足別命(かしまあまたりわけのみこと)が命を受けて、奥州へ東夷の征伐と辺土開拓に当たることなり、開拓の先駆者として偉大な功績を残したことから、この鹿島御児神社の祭神として祀られることとなったという。
 以来、当神社は勝利の神として職業繁栄や海上安全、交通安全のご利益があるとして庶民の篤い信仰を集めてきた。
 日和山の頂上にある当神社からは見事な眺望が眼下に広がり、北上川や長浜、雲雀、野蒜海岸はもとより、牡鹿半島や松島一帯を遠望することができる。この素晴らしい眺望を求めて昔より数々の文人墨客が訪れており、境内には芭蕉、宮沢賢治、斎藤茂吉、種田山頭火などの歌碑が建つ。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
986-0000 宮城県石巻市日和が丘2-1-10
名前
鹿島御児神社
電話
0225-22-1216
email
hiyoriyama@kashimamiko.org
HP
http://www.kashimamiko.org/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter