NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/11

三線づくり Sansin-zukuri Sanshin Craft

Jp En


 三線(さんしん、琉球三味線)は、三本の弦(糸)をもつ弦楽器で、沖縄県および鹿児島県の奄美地方で広く使用されている。
 三線は、中国の三弦(さんしぇん)を起源とする。16世紀には堺に伝わり、三味線のもとになったといわれる。
 三線づくりは職人の世界であり、本物の三線はプロにしか作れない。しかし、沖縄の文化に触れる三線づくり教室などではカンカラ三線を教えている。
 カンカラ三線は、第二次大戦後の物資の乏しい時に製作された、空缶を胴とする代用品である。
 カンカラ三線は誰でも作れるため、近頃では学校教育でも用いられ、また手軽なお土産としても人気を博している。
 沖縄音楽の代表的な楽器であり、聴いているだけで心が落ち着く沖縄の心、それが三線である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
905-0216沖縄県国頭郡本部町字浜元410
名前
もとぶ元気村
電話
0980-51-7878
HP
http://www.ocvb.or.jp/card/ja/0600003036.html




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter