NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/12

喜如嘉の芭蕉布 Kijoka-no-basyoufu Kijoka Bashofu Textile

Jp En


 喜如嘉の芭蕉布は、沖縄手織りの中でも最古の1つであり、主に喜如嘉で織られる、沖縄を代表する織物である。
 芭蕉布は、13世紀頃にはすでに作られていたと考えられるが、人々の間に広まったのは近世になってからのことである。
 家の庭や畑に芭蕉の木を植え、主婦や娘たちが自家用の布を織っていた。19世紀に入ると絹や綿が出回るようになったが、あいかわらず芭蕉布は人々に親しまれていた。この伝統を受けついでいるのが、喜如嘉の芭蕉布である。
 1974年、国の重要無形文化財の総合指定を受ける。
 喜如嘉の芭蕉布は、軽くてさらりとした肌触りが独特で、とても風通しがよくて軽く、暑い沖縄の亜熱帯気候に最適な、現在も広く愛用されている織物である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
905-1303沖縄県国頭郡大宜味村字喜如嘉1103
名前
喜如嘉芭蕉布事業協同組合
電話
0980-44-3202




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter