NIPPON Kichi - 日本吉

2007/8/6

くしふる神社大祭 Kushifuru-jinja-taisai Kushifuru-jinjya Shrine Festival

Jp En


 くしふる神社大祭(くしふるじんじゃたいさい)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井のくしふる神社にて毎年10月に開催されている祭りである。
 くしふる神社は、創建年代は不詳で、はじめは社殿もなく山そのものを神体として祀っていたが、元禄七(1694)年、延岡藩主や村人たちの厚い信仰によって社殿が建てられた古社である。祭神は、天津日子彦番火邇々杵命(あまつひこひこほのににぎのみこと)。
 大祭の見所である御神幸行列では、みこしや神楽隊など600人を超える大行列が、くしふる神社から高千穂神社までの市街地往復約2・6kmを練り歩く。
 350年以上の伝統を誇る奉納宮相撲は、午後から境内相撲場であり、乳幼児が泣き声を競って健やかな成長を願う「うなり相撲」の他、棒術隊に神楽隊の行進、弓道大会なども開催されている。
 くしふる神社大祭は、長い伝統を誇る勇壮な祭りである。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井本組
名前
くしふる神社大祭




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter