NIPPON Kichi - 日本吉

2007/8/9

上地八幡宮 Ueji-hachiman-guu Uechi Hachimangu Shrine

Jp En


 上地八幡宮(うえちはちまんぐう)は、愛知県岡崎市上地町宮脇にある神社である。祭神は、応神天皇、仁徳天皇、天照大神。
 元暦元(1184)年、源頼朝の弟、源範頼は平家討伐に向かう途中、この地の郷士・大見藤六の屋敷で休息した折に、屋敷に隣接した小さな祠が源氏の氏神である八幡宮であると知り、戦勝を祈願した。
 建久元(1190)年、平家との戦に勝利した範頼が三河の守護に命じられると、戦勝に感謝し、祠に祀られていた八幡宮と鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮の分霊を合わせて祀り、社殿を造営したのが上地八幡宮の創祠という。
 名物の鬱金桜(うこんざくら)は、昭和22年の拝殿建立の折に上地町から奉納されもので、薄緑色の花を付ける八重ザクラであり、別名「美人ザクラ」とも呼ばれ、幸せを呼ぶと言われている。
 上地八幡宮は、源氏ゆかりの歴史ある古社である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
444-0824 愛知県岡崎市上地町宮脇48
名前
上地八幡宮
電話
0564-52-6145
email
ueji80000gu@xj.commufa.jp
HP
http://www.wa.commufa.jp/~ueji8goo/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter