NIPPON Kichi - 日本吉

2007/8/10

ばら大師 Bara-taishi 

Jp


 四国曼陀羅霊場第五十二番ばら大師永照寺。
 そこは四国各地を巡錫(じゅんしゃく)していた弘法大師の「野宿の聖地」ともいわれている。
 古びれて汚れ、破れた衣をまとった大師は泊めてくれる宿が見つからず、仕方なしに野宿したのがとげのある野ばらの上。その一夜が十日間の苦行のような心境だったため、「この地の里人達もとげで苦しむであろう」と考えた大師がとげを封じ込めたばらが「とげなしばら」になったといわれている。
 今も本堂裏の大師の像の周りに棘のない「とげなしばら」はある。現在では町の天然記念物に指定されていて、町外に持ち出してはならないことになっている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
797-1211 愛媛県西予市野村町阿下5-974
名前
永照寺
電話
0894-72-1253




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter