NIPPON Kichi - 日本吉

2008/3/7

西明寺三重塔 Saimyou-ji-Sanjuu-no-tou 

Jp


 西明寺(さいみょうじ)三重の塔は栃木県芳賀郡益子町益子にある。
 西明寺は獨鈷山普門院(どっこさんふもんいん)西明寺と言われ、真言宗豊山派に属する寺である。
 天平九(737)年、行基の草創であり、紀有麻呂(きのありまろ)によって建立され、天平一一(739)年に落慶供養が行われたと伝えられている。
 西明寺三重塔は鎌倉時代後期に建造されたものである。
 純和風の塔であり、初重の塔身が長く、桧皮葺きの屋根が左右に大きく広がっている。
 塔内には、極彩色の装飾文様や仏画が描かれている。
 椎の木の間にある石段を登ると楼門があり、楼門の左に三重塔がある。国の重要文化財に指定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子4469
名前
西明寺三重塔




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter