NIPPON Kichi - 日本吉

2008/9/8

鯛まつり Tai-matsuri 

Jp


 鯛まつりは、愛知県知多郡南知多町豊浜にて毎年7月中下旬の土日に行われている祭りである。祭りでは、長さ10~18mの竹と木の骨格に白木綿を巻いて作った大小の鯛5匹が若者達にかつがれ、街中や海を練り回る。
 起源は江戸時代からで、最初の祭りのだし物はイノシシであった。その時々の思いつきで一年、あるいは数年おきに象、牛、虎、兎などが造られて使用されていたため、「思いつき」と呼ばれていた。
 明治一八(1885)年ころ、祭礼に興を添えようとハツカネズミの張りぼてを造ったのが今の形態のはじめで、その後魚類になり、大正初期に「大鯛」に、昭和初期には胴内ではやしながら海に泳がせるようになった。
 鯛まつりは、そのユニークさで全国的に名をはせ、外国の切手にもなった勇壮な海の祭りである。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
470-3412 愛知県知多郡南知多町豊浜
名前
鯛まつり
電話
0569-65-0711




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter