NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/15

法然院 Hounen-in Honen-in Temple

Jp En


 京都市左京区にある寺。江戸時代初期の1680年、知恩院の萬無上人が法然上人の遺徳をしのんで建立することを発願、弟子の忍澂(にんちょう)和尚によって、現在の伽藍の基礎が築かれたとされる。
 深い緑の中にある山門の前に立つ。一言でいうなら「質素」である。
 しかし一歩中へ踏み込めば、表とは違い風情、情緒を感じる。山門をくぐると、「白砂壇」という長方形の砂盛りが左右に現れ、その真ん中に細い通り道がある。「砂壇」は「水」を表すもので、この間を通って心身を清め、院内に入ることを意味する。
 本堂北側には「椿の庭」があり、三銘椿が植えられている。「椿の寺」としても知られており、4月中旬を過ぎた落花時期には、たちまち院内は美しい椿の絨毯が出来上がる。
 秋には、紅葉がバランスよく描かれ、波紋が描かれた石庭の砂の上に散った紅い落ち葉は、ひときわ際立ちを見せる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
〒606-8422 京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地
名前
法然院
電話
075-771-2420
HP
http://www.honen-in.jp/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter