NIPPON Kichi - 日本吉

2008/1/30

政岡まつり Masaoka-matsuri Masaoka Festival

Jp En


 歌舞伎の演目、伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)は、家を乗っ取ろうと企む一派から、わが子を犠牲にしても幼い主君を守り伊達家を救った乳母・政岡を描いた物語で、伊達藩のお家騒動を基に作られている。
 政岡のモデルは伊達四代藩主・網村を育て上げた白河義実(しらかわよしざね)の室。夫人のお墓がある宮城県の龍雲寺(りゅううんじ)では、毎年四月に白河家の子孫らが出席し、冥福を祈る墓前祭が営まれ、八つ鹿踊りが奉納される。その後一迫真坂地区の商店街で、約500人ほどが参加する政岡まつりが開催される。
 町内を練り歩く甲冑姿の武者や山車、鼓笛隊、八ッ鹿踊りのパレードなど、彼女が生きた世界を再現した、練りの数々を堪能できる、春を彩る祭りだ。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
987-2308 宮城県栗原市一迫真坂地区商店街
名前
政岡まつり
電話
0228-52-2111




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter