NIPPON Kichi - 日本吉

2007/9/28

高水山古式獅子舞 Takamizusan-koshiki-shishi-mai 

Jp


 東京、青梅市にある高水山(たかみずさん)。標高756mの山は、古くから山岳宗教の霊地として崇められ、麓には古刹として知られる高水山常福院がある。
 その、常福院の春の祭礼で奉納されるのが高水山古式獅子舞(こしきししまい)である。
 明和五(1768)年に奥多摩町大丹波村より師匠を招いて舞を習い、寛政七(1795)年に免許状ともいえる「日本獅子舞之由来」を伝授されたという。
 東京、埼玉、神奈川北部でよく見られる三匹獅子舞であり、大丹波を起点として、リレー式に伝承されていったといわれている。
 その舞は伝統を重んじた古式ゆかしいものとして知られ、大太夫(おだい)、小太夫(こだい)、女獅子の組合わせで、歌と楽器がつく。楽器の中には細かく割り束ねた竹を擦り付けて鳴らすささらと呼ばれるものも使用され、そのことから「ささら獅子舞」とも呼ばれている。
 戦時中も途絶えることなく毎年奉納された舞は、境内に咲く紫つつじとも相まって、いっそうの魅力を今に伝えている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
198-0001 東京都青梅市成木
名前
高水山常福院




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter