NIPPON Kichi - 日本吉

2008/9/25

神魂神社 Kamosu-jinja 

Jp


 神魂(かもす)神社は、島根県松江市大庭町に鎮座する神社で、伊弉奈彌命(いざなみのみこと)を主祭神としている。
 その創建は定かではないが、社伝では天穂日命(あめのほひのみこと)がこの地に降臨して創建したものとされる。文献では承元二(1208)年の「鎌倉将軍下文」に始めて登場する。そうしたことから、実際の創建は平安時代中頃以降と見られている。
 天穂日命の子孫であり、出雲大社の最高位の神官である出雲国造(いずものくにのみやつこ)が二五代まで当社に奉仕したといわれ、近くの、熊野大社、八重垣神社、六所神社とともに意宇(おう)六社の一つに数えられる格式の高い神社でもある。
 柱に正平元(1346)年の墨書がある本殿は、現存する最古の大社造建造物といわれ、国宝に指定されている。
 悠久の歴史と高い格式に彩られ、大きな杉林の中に静かに建つ古社だが、地元では「大庭の大宮さん」として、親しみを込めて呼ばれている神社である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
690-0033 島根県松江市大庭町377
名前
神魂神社


keywords :


NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter