NIPPON Kichi - 日本吉

2007/10/23

神楽笛 Kagura-bue 

Jp


 神楽笛(かぐらぶえ)は、雅楽(ががく)などで使う長さ45cm、内径1・8cmの横笛で、管楽器である。
 雅楽は日本、中国、朝鮮、べトナムの伝統的音楽の一つで、宮内庁式部職楽部が演奏する曲目の内、洋楽を除くもの。多くは器楽曲で宮廷音楽として継承されており、大規模な合奏で演奏される音楽としては世界最古の様式とされる。
 神楽笛は神楽歌に使われる笛で、材質は竹製で6孔で作られており、両端に樺巻きがされている。
 主旋律を受け持つ篳篥(ひちりき)に比べ、はるかに広い音域を持つ横笛は、旋律に彩りを添えるように動き回り、装飾的な奏法も多く見られる。
 音は、同じ雅楽の横笛である龍笛よりも1音低くなっている。
 神楽笛は、フルートに似た、日本における伝統の楽器である。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
神楽笛




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter