NIPPON Kichi - 日本吉

2008/9/22

神代神楽 Kamiyo-kagura 

Jp


 神代神楽(かみよかぐら)は宮崎県に伝わる神楽で、岩戸神楽や里神楽とも呼ばれている。台詞のない無言劇であり、日本神話を元に演じられる神楽である。太陽の神・天照大神の岩戸隠れと復活物語が主題になっている。
 神楽は古来より、五穀豊穣や雨乞い、安全祈願のために神に奉納するための舞である。
 神代神楽は笛、大拍子、大太鼓などを中心とした演奏の中、面、装束を付け、身振り、手振りにより演じられる。内容は神々を再現する神楽、四方を祓い清める神楽、神が降神する神楽、曲芸的な神楽、能の形式をとる神楽などがある。
 元来は民間の間で行われていたらしいが、次第に神社の祭礼時に神楽殿などで行われるようになった。
 

この記事をお気に入りに、追加します

住所
880-0000 宮崎県
名前
神代神楽




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter