NIPPON Kichi - 日本吉

2007/11/29

日向剣道防具 Hyuuga-kendou-bougu 

Jp


 日向剣道防具(ひゅうがけんどうぼうぐ)は宮崎県が誇る伝統工芸品の一つである。
 剣道防具の詳細は面、胴、甲手(こて)、垂(たれ)である。江戸時代中期に日向でも製造されるようになった。
 このことは剣道にも変化を与え、それまで「型」中心の稽古であったのが、以後は「竹刀打ち」の稽古へと変わっていった。
 日向剣道防具はすべてが手造りであり、多くの手の込んだ作業が必要である、また、同時に高い耐久性と優れた機能性が常に要求され、特に面作りと甲手作りには細心の心と高度な熟練の技が必要とされている。現在では日向剣道防具は伝統工芸としても国内だけでなく海外からも高い評価を得ている。
 現在でも日向剣道防具は全国一の出荷量を誇っている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
883-0000 宮崎県日向市
名前
日向剣道防具




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter