NIPPON Kichi - 日本吉

2008/4/25

江差追分 Esashi-oiwake 

Jp


 江差追分(えさしおいわけ)は、北海道檜山郡江差町発祥の民謡である。道の無形民俗文化財に指定されている。
 今から約300年前の江戸時代中期頃、信州中仙道の軽井沢付近で馬子や宿場の飯盛り女達がうたっていた馬子唄(まごうた)が、旅人や旅芸人によって北国街道を通り、越後に伝えられ、山の唄が海の調べに変わって越後追分となったと言われている。
 江差に運ばれた追分節は、当時の流行歌と交わって江差追分節が生まれたとされ、その後、北国の風土と厳しい自然にもまれ、独特の哀愁をおびた江差追分の節が完成された。
 その後、次第に我流が登場し、俗に流派といわれる浜小屋節、詰木石節、新地節、芸者節などが生まれていった。
 江差追分は、民謡の王様とも言われる北海道の郷土芸能である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
043-0000 北海道檜山郡江差町
名前
江差追分




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter