NIPPON Kichi - 日本吉

2008/1/15

撫子(ナデシコ) Nadeshiko 

Jp


 「撫子(ナデシコ)」は、ナデシコ科ナデシコ属で、秋の七草にも登場する植物である。別名を河原撫子(カワラナデシコ)ともいうように、日当たりのよい河原や山野を好んで生息する。
 6月頃より開花し、花は直径約5センチメートルの5弁花で、ピンク色の花を咲かせ、縁に細かい切れ込みがはいっているのが特徴である。茎はカーネーションに似ているが、細長く、風雨に打たれると倒れやすい。
 撫子とは、撫でるように可愛がっている子、愛しい子、愛児、という意味があり、そんな子どものような可愛らしさがある花、ということからその名前がついたという。
 大和撫子とは、撫子の別名であり、女性へのほめ言葉として使われる時がある。清楚で美しいという意味のほか、古来美徳とされた、男性より一歩引いて、甲斐甲斐しく尽くす女性という意味もあるといわれる。 

 

この記事をお気に入りに、追加します

名前
撫子




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter