NIPPON Kichi - 日本吉

2008/2/21

紫陽花(アジサイ) Ajisai 

Jp


 紫陽花(あじさい)は「水の容器」という学名を持つ、日本原産のバラ目アジサイ科に属する植物である。
 青い小さいものが集まるという意味でつけられた「集真藍(あづさあい)」が「あじさい」の名の元だという説があり、漢字の「紫陽花」は、中国にあった別の花の名を当てたものだといわれている。
 次々と変わる花の色が特徴だが、これは土壌の酸性やアルカリ性の度合いによって色素が変化するためである。酸性度が高いと青が強くなり、低いとピンクになる。その色の変化は様々で、まさに七変化である。
 紫陽花の花はとても大きく見えるが、花弁に見えるのはがく片で、実際の花弁は四、五個の小さいもの。
 日本には、紫陽花を多く植えた寺や観光名所が全国各地にあり、夏の前、梅雨の頃にいっせいに花を咲かせる紫色が、とても美しい。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
紫陽花




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter