NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/22

飛雪の滝 Hisetsuno-taki Hisetsu-no-taki (Waterfall of Flying Snow)

Jp En


 飛雪の滝は、三重県南牟婁郡紀宝町にある高さ30m、幅12mの大きな滝である。
 昔は鬱蒼と茂った竹林の中の谷にある滝であったことから「竹の谷の滝」と呼ばれていた。
 名前の由来は、紀州藩主徳川頼宣がこの美しい滝を見て、
 幾重なす 山を巡りて川豊か
 物は皆 装い凝らす秋の色
 滝つ瀬の 一筋掛かる岩の辺の
 風吹けば 飛沫さながら雪の舞
 と、詠んだ詩からである。
 紀宝町で一番簡単に行ける滝であるが、周りの雰囲気がすばらしいので、山奥でしか見られないような雄大な滝に感じられる。
 滝の東側には浅里神社があり、滝は神社の神域を流れている。
 その姿は幽玄の趣であり、起伏のある岩肌を流れる水は激しいしぶきとなって飛び散り、その名の通り、雪が舞っているように幻想的な雰囲気を醸し出している。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
519-5718三重県南牟婁郡紀宝町浅里1409-1
名前
飛雪の滝
HP
http://eizou.town.kiho.mie.jp/keikan/keikan.asp




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter