NIPPON Kichi - 日本吉

2007/11/22

寺井直次(人間国宝) Terai Naoji 

Jp


 寺井直次(てらいなおじ)は、大正元(1912)年一二月一日、石川県金沢市生まれの蒔絵(まきえ)工芸士である。
 鍛冶職の家に生まれ、漆芸に興味を抱いて石川県立工業学校、次いで東京美術学校に進学し、蒔絵の道に進んだ。
 卒業後、理化学研究所でアルミニウムを用いた金胎(きんたい)漆器を研究する。
 昭和二九(1954)年、金沢で作家活動を始めた。
 卵殻の並べ方でぼかし、量感や遠近感などの複雑な表現を可能にした他、付着させる漆に工夫を凝らした。また、アルミニウムを電解処理し、素地を作る金胎漆器の新方式も開拓した。
 昭和五八(1983)年、勲四等瑞宝章を授章し、二年後に重要無形文化財「蒔絵」保持者に認定され、人間国宝となった。
 平成一〇(1998)年、惜しまれつつも八六歳の生涯を終えた。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
920-0000 石川県金沢市
名前
寺井直次(人間国宝)




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter