NIPPON Kichi - 日本吉

2007/11/22

鳶(トビ) Tobi 

Jp


 鳶(とび)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種である。別名、トンビとも言う。
 ほとんど羽ばたかずに尾羽で巧みに舵をとり、上昇気流に乗って輪を描くように上空へ舞い上がる様や、「ピーヒョロロロロ・・・」という鳴き声はよく知られている。
 日本では最も身近な猛禽類であり、羽を広げると1m以上はあり、爪も鋭い。
 尾が、他のワシ・タカ類は扇型なのに対し、鳶は三味線のバチ形をしているので、飛んでいる時でも見間違える事は少ない。
 体色は褐色と白のまだら模様で、眼の周囲が黒褐色になっている。
 郊外に生息する個体は主に動物の死骸やカエル、トカゲ、ヘビ、魚などの小動物を捕食し、都市部では生ゴミなども食べる。
 鳶は、カラスや雀などと共に、日本中どこででも見かける、身近な鳥である。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
鳶(トビ)




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter