NIPPON Kichi - 日本吉

2008/4/22

金沢桐工芸 Kanazawa-kirikougei Kanazawa Paulownia Woodwork

Jp En


 加賀百万石、昔からの華やかな気風を受け継ぐ石川県の金沢桐工芸。
 雪がもたらす良質の桐材と加賀三代藩主、前田利常(まえだとしつね)の美術工芸振興策により誕生した加賀蒔絵が合わさったものである。
 桐といえば白木の桐の箪笥として有名であるが、金沢の桐箪笥といえば表面を焼いて磨いた独特の焼肌をもち、その上に蒔絵が施されている。桐の軽さと独自の色合いが、他にない桐工芸を作り上げていったのである。
 さらに明治時代に入り加賀蒔絵の巨匠、大垣昌訓(おおがきしょうくん)が桐火鉢に蒔絵を施す技術を考案し、一気に金沢桐工芸は全国に知れわたる工芸品となった。
 石川県では桐火鉢は嫁入り道具の必需品となり、かつて桐火鉢は冬の暖房の主役として全国で愛用されていた。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
920-0000 石川県金沢市
名前
金沢桐工芸




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter