NIPPON Kichi - 日本吉

2008/6/26

津和野城址 Tsuwano-joushi 

Jp


 島根県の「津和野城址(つわのじょうし)」は、津和野盆地の南西部に位置する標高367mの山上の山城址である。
 津和野城としての築城は古く、元寇襲来の後、沿岸防備の為に弘安五(1282)年、吉見頼行が地頭として赴任し、永仁三(1295)年から築き始めた。当初は三本松城と呼ばれており、正中元(1324)年に完成した。その後、一四代に亘って吉見家が居城していた。
 戦国時代から江戸時代にかけて幾度か城主が変わるが、元和三(1617)年に亀井政矩が入城すると亀井家が明治まで一一代続く。
 津和野城は、長州に対する目付役として監視をしていたので、戦国時代の城郭形式が江戸時代もそのまま使われ、石垣もそのまま残っている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
699-5605 島根県鹿足郡津和野町後田
名前
津和野城址




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter