NIPPON Kichi - 日本吉

2008/6/4

会津駒ヶ岳 Aizu-komagadake 

Jp


 会津駒ケ岳(あいづこまがたけ)は、福島県南部に広がる尾瀬国立公園の一部にあり、尾瀬の北方に位置する山である。
 日本百名山にも数えられる雄大でなだらかな山容を誇る山は、標高2133m。福島県内では燧ヶ岳(ひうちがたけ)に次ぐ高峰で、会津のシンボル的な山として、「会津駒(あいづこま)」の名称でも親しまれている。
 山頂付近は草原状のいわゆる「お花畑」になっており、池塘(ちとう)が点在する高層湿原が広がっており、山頂から北に位置する中門岳までのたおやかに伸びる湿原状の稜線は天上の楽園とも称される絶景である。
 そうしたことから植物も豊富で、ハクサンコザクラやチングルマ、イワカガミなどの高山植物の群落が、同山の大きな魅力の一つとなっている。
 山頂からの景色も素晴らしく、周辺の尾瀬の山々や南会津、日光、奥利根などの山並みを眺望することができ、美しい花々と、南東北の絶景を堪能できる、まさに楽園のような山である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
967-0501 福島県南会津郡檜枝岐村
名前
会津駒ヶ岳




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter