NIPPON Kichi - 日本吉

2008/5/30

大台ヶ原山 Oodaigahara-yama 

Jp


 大台ヶ原山(おおだいがはらやま)は、奈良県吉野郡上北山村、及び川上村~三重県多気郡大台町にまたがる山で、標高1694mの日出ヶ岳(ひでがだけ)が最高峰となる。日本百名山の一つとされており、日本の秘境100選にも選ばれている。
 大台ヶ原という名の峰はなく、日出ヶ岳・正木嶺・巴岳のほか、牛石ヶ原・正木ヶ原・大蛇グラなどの総称である。
 昔は大平と呼ばれたが、やがて大平原になり大台ヶ原と変化したのが名前の由来とされる。
 日本有数の多雨地帯で、年間4800mmを越す雨量は美しい樹木を育てる基盤を作り、一帯には豊富な植物相が見られる。
 吉野・熊野国立公園に属し、大雨が育む原生林と屈指の渓谷美をもっている。
 大台ヶ原山は、厳しい自然の魅力に溢れた山である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
639-3700 奈良県吉野郡上北山村
名前
大台ヶ原山




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter