NIPPON Kichi - 日本吉

2008/6/16

赤穂神社 Akou-jinja 

Jp


 奈良県奈良市にある「赤穂神社(あこうじんじゃ)」は、もとは「桜田」とよばれる一帯で、桜の名所としても知られていた。
 現在、神社は民家が並ぶ路地に佇み、鳥居などは存在しない。
 主祭神は、天児屋根命(あめのこやねのみこと)で、天満宮・弁財天を合祀した社を併置している。
 この神地に十市皇女(とおちのひめみこ)が葬られているとする説がある。「日本書紀」によると、のちの天武天皇となる大海人皇子(おおしあまのみこ)が、額田姫王(ぬかたひめのみこ)を最初の伴侶として向かえて生まれたのが、この皇女だと書かれている。そして、十市皇女をこの赤穂の地に葬ったと記録されている。
 昭和五(1930)年、鏡神社の別社となっている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
630-8301 奈良県奈良市高畑町1320
名前
赤穂神社




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter