NIPPON Kichi - 日本吉

2008/5/12

入鹿神社 Iruka-jinja 

Jp


 奈良県橿原市(かしわらし)の小綱町(しょうこちょう)にある「入鹿神社(いるかじんじゃ)」は、蘇我入鹿(そがのいるか)の邸宅があった場所と伝えられており、ご祭神は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)と蘇我入鹿である。
 蘇我氏は、古墳時代から飛鳥時代に活躍した氏族である。聖徳太子の死後、蘇我氏は天皇家をしのぐほどの勢力を持つようになったため、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)や中臣鎌足(なかとみのかまたり)が、中国から帰国した留学生とともに、天皇中心の中央集権国家の建設を目指し、蘇我氏を倒した。
 このように日本書紀には、蘇我蝦夷(そがのえみし)や入鹿が、大化元(645)年の「大化の改新」による政治政策で討滅されたとあるが、地元では今でも神として大切に崇められている。
 昔は普賢寺(ふげんじ)という寺があり、入鹿神社の神宮寺として建立された寺だったが、明治初めに廃寺となった。大日如来を納めた本堂だけは、大日堂として残されており、国の重要文化財に指定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
634-0811 奈良県橿原市小綱町
名前
入鹿神社
電話
0744-22-4001




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter