NIPPON Kichi - 日本吉

2008/8/14

神幸祭 Shinkousai 

Jp


 神幸祭(しんこうさい)とは神社の祭礼のことで、神社に祀られている神霊が宿っているとされる神体を神輿などに移し、集落の御旅所(おたびしょ)を回ったり、元の鎮座地に行幸したりする神事である。
 神霊を神輿に移し、巡幸のために境内から出すことを宮出し、戻って来ることを宮入りという。
 御神体を乗せて宮出しされた神輿は、氏子達も大勢繰り出し勇壮豪快に、あるいは雅やかに渡御行列が行われる。神職や稚児、巫女が加わり、お囃子や太鼓などの音楽が奏でられる中の大行列になる神事もある。夜間に行われたり、海の中で行われたりと様々である。
 御旅所に着くと御神体の前で、獅子舞などの神事が奉納され、神社へ戻ってきたり、さらに次の御旅所へ進んだりする。
 神社に戻ってくると御神体を還す還御祭が行われ、神事が終わりとなる。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
神幸祭




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter