NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/14

ニポポ人形 Nipopo-ningyou 

Jp


 ニポポ人形(にぽぽにんぎょう)は、北海道網走市の網走刑務所にて製作されている人形である。
 ニポポとはアイヌの神で、「木の小さな子」とか「小さな木の人形」などの意味があり、どんな願いでもかなえて幸福をもたらしてくれると信じられ、アイヌの人々に大切にされてきた。
 小さいものはエニシテ・ニポポと呼ばれ、お守りとして身に付けられてもいたという。
 ニポポ人形は、昭和二九(1954)年の朝鮮動乱後、網走刑務所にて、元樺太新聞・高山長兵衛がデザインして彫刻家・谷口百馬が原型を彫ったものを元に、刑務所で製作して市と観光協会が民芸品として売り出したのが始まりといわれている。
 人形は、7cm~50cm位まで10種ほどが存在している。
 現在のニポポ人形は、アイヌに伝わる人形を元に、刑務所受刑者がエンジュの木を一本一本手彫りで制作した郷土民芸品である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
093-0000 北海道網走市
名前
ニポポ人形




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter