NIPPON Kichi - 日本吉

2008/6/13

井原西鶴 Ihara Saikaku 

Jp


 井原西鶴(いはらさいかく)は、江戸時代に活躍した浮世草子・人形浄瑠璃作者である。本名は平山藤五(ひらやまとうご)。
 寛永一九(1642)年、大坂の裕福な町人の息子として生まれたと言われるが、定かではない。
 15歳の頃から文芸の道を目指して諸国を渡り歩き、天下一の速吟で知られた西山宗因(にしやまそういん)に師事し、俳諧師として活躍した。
 天和二(1682)年、小説・「好色一代男」により有名となる。
 これを始まりとし、江戸初期に上方中心に出された娯楽的な通俗小説の事を浮世草子と言い、浮世草子は大流行し、西鶴はその第一人者として活躍した。
 その後、好色物「好色一代女」、武家物の「武道伝来記」、町人物「日本永代蔵」「世間胸算用」などを雅俗折衷文で発表し、元禄六(1693)年、52歳で没した。
 井原西鶴は、江戸時代の元禄文化を代表する作家である。

この記事をお気に入りに、追加します




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter