NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/14

白描絵料紙金光明経 Hakubyoueryou-shikon-koumyoukyou 

Jp


 白描絵料紙金光明経は、『金光明経 (こんこうみょうきょう) 』4巻と『理趣経(りしゅきょう)』1巻の書写と、物語絵からなる。
 後白河院の命によって作り始められた白描絵料紙金光明経は、もともと絵巻物として完成するはずだった。しかし、建久三(1192)年三月一三日の後白河法皇の崩御にともない、その制作は中止されるも、当時の「故人ゆかりの紙に経典を書写することで供養ができる」といった考えから、菩提を弔うため、その料紙の上に写経をしたのであった。
 白描絵料紙金光明経の完成には、こうした経緯があったため、写経と絵の関係性は特にない。が、その絵の素朴で鮮やかさに心惹かれるものがある。
 現在国宝に指定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
名前
国宝 白描絵料紙金光明経 (京都国立博物館所蔵)
電話
075-525-2473
HP
http://www.kyohaku.go.jp/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter