NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/31

寝覚物語絵巻 Nezamemonogatari-emaki 

Jp


 寝覚物語絵巻(ねものがたりえまき)は、奈良県奈良市学園南の大和文華館にある大和絵である。国宝に指定されている。
 寝覚物語絵巻は、平安時代後期に書かれたと推定される王朝物語「夜半の寝覚(よわのめざめ)」を絵物語にしたものである。
 物語の作者は菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)と伝えられるが、真偽は判然としない。
 寝覚物語絵巻は、主人公「寝覚の上」の数奇な恋の物語を優美な大和絵の手法で描いた作品で、はんなりとした色あい、細やかな筆遣いが美しい。
 絵巻は絵と詞書とも四段からなっているが、絵一段に対応する詞書は失われている。
 寒色系の顔料を多用し、精緻に描かれた画面には、平安貴族の耽美的な趣味が色濃く表れている。
 寝覚物語絵巻は、平安時代に描かれた貴重な王朝絵巻である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
631-0034 奈良県奈良市学園南1-11-6
名前
大和文華館




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter