NIPPON Kichi - 日本吉

2008/8/11

羽二重 Habutae 

Jp


 羽二重(はぶたえ)は、日本に伝わる織物のひとつである。
 経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が、ともに撚っていない無撚(むねん)の生糸などを用いた織物で、絹を用いた場合は、光絹(こうきぬ)とも呼ばれる。
 名前は、羽のような風合いで経糸を2本引きそろえて製織する事から付けられたと言われている。
 肌触りが良くてつやがあり、主に着物の裏地である胴裏・肩裏・羽裏・比翼地や、長襦袢(ながじゅばん)・石持(こくもち)などに使用されている。
 白く風合いがとてもよいことから、和服の裏地として最高級であり、礼装にも用いられている。
 最近では雑貨用や美術工芸用、又衣料の分野でも健康衣料として活躍している。
 羽二重は、平織りの技法を使った伝統の絹織物である。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
羽二重




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter