NIPPON Kichi - 日本吉

2008/8/21

緯総絣 Yokosou-gasuri 

Jp


 緯総絣(よこそうがすり)は、日本に伝わる絣織物である。
 絣には経糸(たていと)だけに染めをほどこし、経糸だけで絣柄を出した経絣(たてがすり)と、緯糸(よこいと)だけに染めをほどこした緯絣(よこがすり)、経糸・緯糸の両方に染めをほどこした経緯絣が存在する。
 略して緯総(よこそう)とも呼ばれる緯総絣は、全ての緯糸が絣糸で織られた緯絣の絣織物である。
 こうして染められた絣糸は普通の絣とはまた違う風合いを持ち、絵模様をあらわした紬や銘仙などに用いられ、かなり複雑な柄をあらわす事ができる。
 また、緯糸だけで柄を織り出す事から、縦緯絣に比べれば格段に手間がかからず、安価に出来るのも特徴とされる。
 緯総絣は、落ち着いた風合いを持つ、伝統の織物である。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
緯総絣




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter