NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/28

鎌倉彫 Kamakura-bori Kamakura Carving

Jp En


 鎌倉彫は、神奈川県鎌倉市に伝わる伝統工芸品である。
 鎌倉時代、多くの美術工芸品が輸入されてきた。そのうちの堆朱、堆黒といった彫漆品の影響を受け、仏師や宮大工たちが木の器に彫刻を施し、漆をぬり重ねたのが始まりである。
 室町時代の末頃には、茶の湯が盛んになるのとともに茶道具として広まっていった。鎌倉彫の生活用品が見られるようになるのは、明治時代に入ってからである。
 独特の彫り技術によって表現される力強くて大胆な彫刻模様と、マコモ墨という墨を朱色の漆に蒔き付け、彫刻の立体感を強調する方法は、他の漆器に見られない鎌倉彫の大きな特徴である。
 鎌倉彫は、陰影ある彫りの味わい、深みある漆の色調、そして、日本古来の素材である木の温もり。これらが見事に調和した伝統的工芸品である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-4-7
名前
伝統鎌倉彫事業協同組合
電話
0467-23-0154
HP
http://www.kamakurabori.or.jp/top.html




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter