NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/28

芝山漆器 Sibayama-sikki Shibayama Lacquerware

Jp En


 芝山漆器(横浜芝山漆器)は、神奈川県の横浜で生産される伝統工芸品である。
 安永年間(1775年頃)、下総の国に芝山村があり、大野木専蔵(後の芝山専蔵)が芝山象嵌を始めたのが始まりである。
 横浜で行われるようになったのは、その子孫芝山宗一の頃からで、芝山細工に工夫を加え横浜調の芝山漆器を作りだした。
 芝山漆器は、器物の表面に動物の骨や牙、象牙などを中心に貝やベッコウ、珊瑚などを細工して嵌め込んだもので、通常行われている螺鈿などと異なり立体的で変化にとみ、見る人をその豪華さと手作りの繊細な美しさで魅了する。
 明治・大正と隆盛を誇った芝山漆器も、震災や空襲などで職人が離散し、現在ではわずかな数の継承者しかいない。
 芝山漆器は、伝統を今に伝える繊細な工芸品である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
神奈川県横浜市
名前
横浜芝山漆器研究会
email
yokoshibaken@hotmail.co.jp
HP
http://home.e01.itscom.net/t-talk/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter