NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/30

円覚寺 Engaku-ji Engaku-ji Temple

Jp En


 円覚寺は、神奈川県鎌倉市山ノ内に存在する、鎌倉五山第二位の臨済宗・円覚寺派の大本山である。本尊は釈迦如来。
 弘安五(1282)年、鎌倉時代末期、北条時宗が元寇の戦没者追悼のため、中国より無学祖元禅師を招いて創建した。
 以来、北条氏をはじめ朝廷や幕府の篤い帰依を受け、鎌倉時代末期には伽藍が整備された。
 室町から江戸時代にかけて幾たびかの火災に遭い、衰微したこともあったが、江戸末期に大用国師が僧堂・山門等の伽藍を復興し、今日の円覚寺の基礎を築いた。
 円覚寺の名前の由来は、建立の際、大乗経典の「円覚経」が出土したからである。
 円覚寺の現在の建物は関東大震災以後に修復されたもので、6万坪の広い境内をほぽ一直線に伽藍が並び、15の塔頭寺院が建つ。
 円覚寺は、歴史と伝統を誇る、厳しい僧風の寺である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
247-0062神奈川県鎌倉市山ノ内409
名前
円覚寺
電話
0467-22-0478
HP
http://www.engakuji.or.jp




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter