NIPPON Kichi - 日本吉

記事数13件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/9/22


古伊万里 Koimari 

Jp

 古伊万里(こいまり)は、江戸時代に、現在の佐賀県西松浦郡有田町とその周辺地域で焼かれた磁器の総称である。
 豊臣秀吉の朝鮮出兵で連れてこられた李朝の陶工によって、17世紀初頭、中国明朝末の景徳鎮を模倣しながら有田で始まった磁器が初期伊万里で、有田焼とも言われる。以後、古陶磁の中でも文様が美しく、魅力的な焼き物として発展した。
 伊万里の港から全国各地、或いは遠くアジアを経てヨーロッパへ渡って行き、中でも絢爛豪華な金彩等をほどこした品は、ヨーロッパの王侯貴族に愛用された。
 後期の染付の色は濃く、さらに赤や金の絵の具を贅沢につかい、花文様などを器面いっぱいに描きこんだこの様式は、経済的に豊かであった元禄時代の気風を反映したものと考えられている。
 古伊万里は、マイセン窯等にも多大な影響を与えた、日本を代表する伝統の古陶磁器である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/1/15


立川青風(たちかわせいふう) TachikawaSeihuu 

Jp

 伊万里焼と異素材との融合で、陶芸宝飾という新しい世界を誕生させた異色の作家・「立川青風(たちかわせいふう)」。1952年、佐賀県伊万里市生まれ。
 1983年から陶芸宝飾品だけにこだわり創作を続けている。陶芸も宝飾も独学で、それ故の独特でオリジナルな世界を創りだしている。
 2007年にはタヒチ産黒蝶真珠の世界的造形コンテスト「タヒチアンパール・トロフィー」の国内審査で、メンズ部門1位を受賞するなど、世界的にも注目を集めている。
 400年の長い歴史を持ち、17~18世紀ヨーロッパの王侯貴族を魅了したという伊万里焼。その、歴史と伝統を礎に現代の技術と感性を取り入れて、全く新しいものを作り出す想像力が、日本文化の発展に力を与えているのではないだろうか。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/8/17


李参平碑 Risanpei-hi Monument to Ri Sampei

Jp En

 16世紀末、肥前国の戦国時代・安土桃山時代の武将・鍋島直茂が韓国出征からの帰国した際に韓国の陶工たちを日本に連れ帰ってきたという。有田陶工の祖と言われる李参平(りさんぺい)はその中の一人で、元和二(1616)年に泉山で白磁鉱を発見し、日本で初めて磁器を焼くことに成功。これが後に、古伊万里、柿右衛門、鍋島の三流を産み、有田は日本における磁器発祥地といわれるようになるのである。
 有田町大樽の陶山神社には、陶祖である李参平が祀られ、社殿うしろの蓮華石山の頂、有田の町を一望できる景勝の地に、この「李参平碑」が立っている。
 有田焼の創業300年となる大正五(1916)年に建立。以来、毎年五月四日に、この碑の前で「陶租祭」が行われている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/25


白磁 Hakuji Hakuji White Porcelain

Jp En

 白磁(はくじ)とは、白い胎土(たいど)に透明の釉薬をかけ、高温で焼き上げたものを指す。これに対して、少量の鉄分を含んだ釉薬をかけて作る陶器を青白磁(せいはくじ)と言う。
 白磁は、6世紀後半の中国・北斉の時代に生まれた。唐の時代に白磁が青磁をしのぐ流行を見せ、10世紀には庶民の間に広まり、生活感を持ちながら洗練されていったという。
 日本の白磁は、中国や李朝白磁の影響を受けて発達。江戸時代に日本で初めての白磁・伊万里焼が誕生した。無地の白磁ではなく、色絵のカンバスにされることが主だったという。明治以降には宋白磁や李朝に憧れた作陶家たちの手で、白磁の技法が発達、普及していくことになる。
 上質な土でも、鉄粉などが出やすいという点などから真っ白に焼き上げることは大変難しい。そのため、有名な柿右衛門窯でも、鉄粉が全くない白磁は、赤絵の付いたものよりはるかに高価で希少なのだとか。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/24


伊万里トンテントン Imari-tontenton Imari Tontenton Festival

Jp En

 伊万里トンテントン(いまりとんてんとん)は、佐賀県伊万里市の伊萬里神社にて毎年10月22日夜から24日にかけて行われている祭りである。
 伊萬里神社の御神幸祭であり、伊万里供日(いまりくんち)とも呼ばれ、日本三大喧嘩祭りのひとつにも数えられる。
 期間中、伊万里の街は、トンテントンの太鼓の音で祭り一色に染まり、市内の数ヶ所で合戦絵巻を繰り広げる。
 おごそかに神幸する白神輿・赤神輿の後にそろいの法被にねじり鉢巻姿の若者たちによって担ぎ出される荒神輿と団車が、トン・テン・トンと打ち鳴らす太鼓を合図に、双方激突し組み合う壮烈な喧嘩祭りは、全国でも類を見ない。
 祭りのクライマックスに行われる「川落し合戦」では、双方組合ったまま、川に落ち陸に早く引き上げられた方が勝ちとなる。
 伊万里トンテントンは、勇壮で壮観な、伝統の祭りである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/16


姫谷焼色絵皿 Himetaniyaki-iroezara Himetani Ware Iro-Ezara Plate

Jp En

 伊万里、九谷焼とともに日本の初期色絵磁器として知られる姫谷焼色絵皿。江戸時代前期末から江戸時代中期初頭にかけて、陶工・市右衛門によってごく短期間に焼かれたものであり、現在は造られていない貴重な骨董品である。
 最大の特徴は、薄造りの白磁の肌に色鮮やかな色絵を、余白を残した筆致で描く瀟洒(しょうしゃ)な作風。絵柄は紅に散る紅葉や一輪の牡丹、飛雁山水など。きわめて簡素な構図で単調な筆致で描くため、モチーフの美しさが存分にきわだつ。
 こうした意匠は、「侘び」「寂び」にも通じる風情を持ち、収集家の人気を集めている。工芸品としても優れ、昭和四六年には広島県指定重要文化財に認定された。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/13


中村清六 Nakamura Seiroku Seiroku Nakamura

Jp En

 佐賀県に伝わる伝統工芸品、伊万里・有田焼の伝統工芸士。
 1916(大正五)年、長崎県波佐見町生まれ。79年、伝統工芸士に認定され、90年には佐賀県重要無形文化財に指定された。
 戦国時代末期、挑戦の陶工、李参平が陶石を発見、陶磁器を焼いたのが伊万里・有田焼の始まりとされている。
 白い磁肌、華やかな絵付けが特徴、産地により名称が異なるが、現在は製法が同じことから伊万里・有田焼と呼ばれている。
 大ろくろを見事に廻し大物を作り上げる氏の作品の特徴は、つや消しが施されていること。美しい曲線と穏やかな白色をたたえるその姿は、ほのかな温もりさえ感じさせる。
 前だけをしっかりと見つめ、作品を生み出しながら、師から受け継いだ「ものづくりの心」を後継者たちへと惜しみなく伝える。
 凛とした眼差しは氏の作品そのものであるかのようだ。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します

keywords :